何に焦点をあてる?(PL花火を観て)

夏が来たな、と思う行事のひとつに
毎年8月1日に開催されるPL花火があります。

今年は特に、「もう!?!?」という感覚!

途中、少し雨も降りましたが
最後まで鑑賞できました!

その花火が終わったあと
ふと、思うことがありました。


image

PL花火のスタート時間の少し前から、
妹たちと合流して、去年の花火の話や、
何年か前、現地まで行って観た花火の話をしていました。

7時55分、遠くに閃光が走り、始まりました!
気分はワクワク、夏だなぁ~としみじみ感じます。

PLの花火は規模が大きく、
絶え間なく上がる花火が魅力の一つです。

すると夜空に高く上がる花火と同時に
今年は地上付近でも頻繁に花火が弾けていました。
近くで観ていると、迫力もすごかったでしょう。

中には、地上や夜空で、
花火の輪が生きているように
クルクルと円を描くものがありました!

「弾ける」 だけでなく 「動き」 が目に見える躍動感のある花火!

私も妹も、「さすがPLの花火やね」と感心しました。

ラメのようにキラキラ光る感じも、
昨年より長い時間、上空でとどまっています。
キラキラ好きの関西人(!?)にとってはツボ(*^。^*)です~

そして、PLの花火の大きな魅力は、やはりラスト!

「まだ、上げるか!」というほど多くの花火が打ちあがり
夜空が、昼間と思うくらい明るくなるほど、昼間のような明るさになります。

このラストの花火の色が何色か当てるのも
毎年の楽しみです。

さて、今年は何色やろ~~まだしばらく(時間)あるな、
そう思っていた7時35分頃、急に勢いよく打ち上げられた花火。

え!?うわあっ!!! きれーー!あかるーーーい!

見渡す町並みも夜空も昼のように、一瞬光でいっぱいになり、
その後の夕闇。そして遅れてのドドドドーーーンという
地鳴りのような爆発音。

次の瞬間、

「え!?終わり!?綺麗やったけど・・・うそ、まだあるよね」

と、私が発した途端、携帯が鳴り、違う場所で観ていた息子から
「もうおわり?」とメールが届きました。

周りの人たちも、「まだあるやろーー」 「終わりちゃうよね」と
口々に言います。

私も、半信半疑でしばらく、その場でラストに向けて
まだ花火が打ちあがるかも!と待ちました。

結局、やはり終わりで裏山を後にしましたが
拍子抜けしたような、へんな感覚で帰宅しました。

帰宅後、子どもたちと花火の話をしたのですが
「いつもより迫力なかった、少なかったし」
「あの終わり方は、ちょっとがっかり」など
マイナスな言葉が多く出てきます。

私も微妙な感覚で、テンション低めだったのですが

あ!!!と気づいて、焦点を変えてみました。

昨年までと比べて、劣っているところから
今年はじめて観た花火に焦点をかえていったのです。

そうしたら、躍動感のあるクルクル回るような花火を思い出し
ラストの上下2色に分かれて、
夜空を昼の空のようにした花火を思い出し、
気持ちがウキウキしてきました!

どこに何に焦点をあてるかで、感じ方がかわります。

どこに何に焦点をあてるかは、自分で決めることができます。

プラスに焦点を当てて、プラスの人生を歩きたいと思いますヽ(^。^)ノ